ストレートネック改善法

一度発症すると、なかなか良くならない首の痛み。

人によっては、週3日整形外科に通って、電気を当てて、牽引して、

帰りに薬局で薬をもらってくるという生活を

何年も続けていたりします。

 

人間の骨格には、いたるところに自然なアーチ(湾曲)があるのですが、

このアーチがクッションとなり、

体重をうまく分散して支えているのだそうです。

 

ところが、首が痛む人の骨格をみてみると、

アーチが消えてまっすぐになっているんですね。

これを「ストレートネック」と呼んでいます。

なかには、遺伝的にストレートネックで生まれてきた方もいるそうです。

 

こういう骨格の場合、クッションがないので、

頭の重さがじかにひびくいてしまい、首が痛むのですが、

首が痛んでくると、今度は肩や背中で代わりに支えるようになるので

そのあたりの筋肉が張って、痛むようになってきます。

最終的には、腰痛まで起こすそうです。

 

まさに、負のスパイラルというわけです。

 

ストレートネックの改善方法としては、

首の下に、しっかりと巻いた2枚のバスタオルをはさんで寝る、という方法があります。

この状態であおむけになっていると、自然に首のアーチが回復してきます。

眠くなったら、このまま朝まで寝てしまってもいいそうです。

 

お金もかからず、負担も少ないので、ぜひ試してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ